目のまど

手話で聴く心の支援

ボードゲーム:虹色のへび

聞こえない子と一緒に遊べるボードゲームのご紹介。
初回の今日は、初めてのボードゲームにおすすめの「虹色のへび」。
2歳くらいから楽しめます。おすすめ人数は2~5人。

f:id:iryomico:20181022190744j:plain

説明書をなくしていて、正式ルールかどうかわかりませんが、我が家ルール。

まず、札を適当に3つの山にします。

順番を決め、どの山からでもいいので、札を1枚引いて表に返します。

f:id:iryomico:20181022191112j:plain

へびの胴体・頭・しっぽのどれかが出てきます。

次の人が札を引いて、同じ色が出たらつなげます。

同じ色が出なかった場合は、少し離れた場所に別のへびを作ります。

f:id:iryomico:20181022191204j:plain

頭がつながりました。あとはしっぽがつながるのを待つのみ。

f:id:iryomico:20181022191259j:plain

しっぽもつながって完成!完成させた人が、へびの札をもらえます。

f:id:iryomico:20181022194624j:plain

こうして、山札がなくなるまでへびを作り、

最後に一番多く札を持っていた人が勝ちです。

中に1枚ずつ、虹色の頭と虹色のしっぽというスペシャルカードがあります。

これらは、どの色ともつながります。

f:id:iryomico:20181022195056j:plain

技術もスピードも必要ないので、小さいお子さんと一緒に楽しめます。

へびができあがると嬉しいけど、やっぱりこわい、というのもおもしろみのひとつ。

長ーいへびが完成したときは、盛り上がります。

一人遊びもできますよ。