目のまど

手話で聴く心の支援

本:『声めぐり』齋藤陽道著

f:id:iryomico:20181119100512j:plain

「書いてくれてありがとう。」

読み終えた時に、ふぅ、と浮かんできました。


聞こえる私にとって、聞こえないということは、ずっと、わかりたい、でもわからない世界です。

手話に出会う前の自分と、手話を知ってからの自分。手話ということばをもった状態でふれる音楽、皮膚の声

齋藤さんは、ご自分の心をえぐるように書いていきます。

そのことばの凄みに圧倒されながら、読み進めていきました。

聞こえない世界を、ぴったりとわかることはできないけれど、齋藤さんのことばを読むことで、少し見せてもらえた、そんな気がします。


同時に、齋藤さんは、目も、耳も、皮膚も開かれて、向き合う人がさまざまな方法で発する「声」を聴く人でもあります。

相手と自分がふっと「なじむ」まで待って、その瞬間を写真に切り取る。

そんな向き合い方があるのか。

齋藤さんの写真には、なんとも言えないやわらかさがあるなぁ、くらいにしか感じ取れていなかったのですが、写真にうつる人と齋藤さんの間に流れる空気は「なじんで」いたんですね。


聞こえない人とかかわる方は、ぜひ。