目のまど

手話で聴く心の支援

6/27(土)わらべの時間@ニコット

北九州の児童発達支援・放課後等デイサービス事業所。手話ができるスタッフさんが多く、聞こえない・聞こえにくい子供たちが安心して通える事業所さんです。

今月も第4土曜日に、わらべの時間をしてきました。

https://www.instagram.com/p/CB7_3gHnmuW/?igshid=1324mjksp5b6u

未就園児から中学生まで幅広い年齢層の子供たち15名の参加でした。

 

【今日のプログラム】

①おてぶし(伝統)

 

②いろいろなんのいろ?(創作)

モンちゃん担当のクイズ遊び。

f:id:iryomico:20200628165439j:image

↑のように聞いて、今日の色は「あか」。そこから「赤いものなーに?」と尋ねて

f:id:iryomico:20200628165801j:image

f:id:iryomico:20200628165810j:image

f:id:iryomico:20200628165818j:image

と、絵を見せて手話で表す、というのをやりました。が、なんか私の中で納得いかない流れ。

もう少し工夫します。

 

③ぽっつんぽつぽつ(アレンジ)

f:id:iryomico:20200628165304j:image

梅雨にぴったりの「ぽっつんぽつぽつ」。

手話は言語的に、「雨が降る(一般動詞)」「ぽつぽつ降る」「ザーザー降る」「雨が止む」を表現し分けることができます。その特色を生かして少しアレンジしました。

 

④おふねがぎっちらこ(伝統)

 

⑤おおきなかぜちいさなかぜ

 

⑥かえろかえろ

 

⑦ぼうず

「モンちゃんにぼうずをする」のがバズり、4人の子供たちがモンちゃんを取り囲みました。

 

⑧絵本『とっとことっとこ』

f:id:iryomico:20200628132929j:image

人数も多いし、初めての子も多かったので、読み慣れたこの本を。みんなで一緒にとっとことっとこやって楽しかったです。

 

⑨さよならあんころもち

 

毎回学びがあるわらべの時間@ニコット。来月も頑張ります。