目のまど

手話で聴く心の支援

7/11(土)第4回Zoomわらべのじかん

2020年7月11日(土)10:30〜11:00

f:id:iryomico:20200711112405j:image

今日は、初めて参加の方も含めて4世帯の皆さんと、大人の方数名のご参加でした。

 

①おてぶし

今日の担当はモンちゃん。

おてぶしアイテムは「おにぎり」でした。

f:id:iryomico:20200711121207j:image

②クイズ「同じのどーれ?」

そろそろ、ボードゲーマーである私の特性もプログラムに活かしたいな…と考えていて、いずれZoomでボードゲームできたらいいな、と構想中です。

そこで、ボードゲームの前段階のメモリーカードを使った遊びを試してみました。

f:id:iryomico:20200711121417j:image

↑本屋さんでみつけたメモリーカード。絵柄がシンプルでかわいい。

同じ柄のカードが2枚づつ34組入っており、メインの遊びは神経衰弱ですが、片方が英語なので英語の勉強もできたりします。

神経衰弱の他にも、

・「これなーに?」1枚出して手話や日本語で答える

・「同じのなーに?」…今回やったやつ(後述)

・「仲間はどーれ?」…「丸いもの」「動物」など同じカテゴリーのものを集める

・お話づくり…カードを何枚か選んでその言葉を使ってお話を作る

など、さまざまな遊び方ができます。

 

今日の遊び方「同じのどーれ?」は以下の通りです。

カードの裏側にマグネットシートを貼って

ホワイトボードに並べました。

f:id:iryomico:20200711122635j:image

まず、ひとつひとつの絵の名前を手話で確認しました。

f:id:iryomico:20200711122711j:image

そして、ペアの1枚を出して「同じのをさがそう」

f:id:iryomico:20200711123226j:image

あった!

f:id:iryomico:20200711123236j:image

「魚と魚で〈同じ〉だねぇ、これ(魚)とこれ(ゾウ)は〈違う〉ねぇ。」と、手話教室っぽいことを。

これを3問しました。

 

カード遊びはこれからも取り入れてみようと思います。

 

続いてわらべ。

③いっぽんばしこちょこちょ(伝承)

f:id:iryomico:20200711123743j:image

 

④ ぽっつんぽつぽつ(アレンジ)

6月から導入した梅雨にぴったりのわらべ。

1回目は手に、2回目はお腹に、3回目は頭に雨を降らせました。

f:id:iryomico:20200711123811j:image

 

⑤お馬さん(創作)

f:id:iryomico:20200711123930j:image

子どもを膝に乗せてパッカパッカする大人気わらべ「馬はとしとし」を、聞こえない子たちも楽しめるように、手話を取り入れてストーリーがわかりやすくなるようにしました。

 

最後は絵本。

⑥絵本

今日の絵本は、多田ヒロシさんの『ねずみさんのながいパン」

f:id:iryomico:20200711124142j:image

ながーいパンを持って、さまざまな家を通り過ぎるネズミさん。

今日は「誰のお家かな?」「○○さんだったね。何食べてる?」という質問を繰り返しましたが、家族の人数が違ったり、飲み物があったりと、絵の情報もほどよく多く、何度読んでも楽しめる本です。

 

今日はやっと機材トラブルなく終えられました。

久留米で定期開催している家族手話教室が、新型コロナウイルス感染のためまだ再開できないので、Zoomわらべはまだまだ続きます。

これからもよろしくお願いします。